東京観光で有名な浅草の雷門!大提灯はテンションマックス!

いまどきJK(イマドキJK)!JKがイマドキの流行りを発信するWEBマガジン
いまどきJK(イマドキJK)東京都浅草周辺 > 東京観光で有名な浅草の雷門!大提灯はテンションマックス!

東京観光で有名な浅草の雷門!大提灯はテンションマックス!

作成日:2017年6月29日
かな 東京の観光名所といえば浅草の雷門!
ってことで浅草の雷門にやってきました。
The first place to visit in is... Kaminarimon gate in Asakusa!
and here is!
もも うわぁ!すごい人!
観光客に修学旅行生や近隣の学校の課外活動の生徒たちで雷門の前が人だらけ。
Wow, so many people!
Tourist, student, and student... so crowded!
かな どこで写真を撮っても、他の人が写っちゃうくらい人がいるよね。
雷門の詳しい説明があそこに書いてるみたい。見に行こうよ。
Too many people so I can't take photo without photobombing!
There is an explaination of Kaminarimon gate. Let's go there.
雷門(風雷神門)
天慶五年(九四二)、平公雅によって創建されたのが始まり。門の正面向かって右に「風神」、左に「雷神」を祀る。 このことから「雷門(風神神門)」呼ばれる。ともに鬼面蓬髪、風袋を担いで天空を駆ける風神と、虎の皮の褌を締め連鼓を打つ雷神の姿は、お馴染みのものである。 また、門の裏側には、向かって右に「金龍」、左に「天龍」の龍神像が祀られ、これらの四神は、浅草寺の護法善神として、伽藍守護・天下泰平・五穀豊穣の守り神とされる。
現在の門は、慶応元年(一八六五)の浅草 田町原の大火で炎上した門に替わり、昭和三十五年に松下幸之助 氏のご寄進により復興された。
浅草寺参詣の入口にあたる「総門」として、また、東京・浅草の顔として全国的に有名。
金龍山 浅草寺
The Kaminarimon gate (Thunder gate)
The Kaminarimon Gate ("thunder gate"), standing at the entrance to the processional road leading to Senso-ji,is Asakusa's most famous landmark.
Inside the gate on either side are enormous wooden statues of the protective Buddhist deities Fujin(wind god) and Raijin(thunder god), from which the gate gets its name.
The original gate was erected in 942 but burned down several timesover thr centuries.
The one standing today was built in 1960, donated by Japanese entrepreneur Konosuke Matsushita(1894-1989).
かな へ~~~!そうなんだね!
そうだ、この雷門の大提灯の下に松下電器って書かれてたような気が・・・
ちょっと見に行ってみる。
I didn't know that!
Ah, that's why they have the logo of Matsuchita electronics.
Let's see.
かな あ!やっぱり書いてるね。
松下幸之助さんが病気に悩んでて浅草寺に参拝した後に病気が治ったので、そのお礼で大提灯を寄贈したって聞いたことがあったんだ。
Ah! Yes, it is.
I heard a rumour that Konosuke Matsushita had visited this shrine when he was ill, and he cured the ill after that so he donated this huge rantan for a sign of appreciation.
もも そうなんだ!
見てみて!提灯の下側になんか描いてるよ!
I see!
Look! They have something at the bottom of the rantan!
もも 龍が描いてる!
A dragon!
かな たしか、浅草は火事に弱い町だったから、雨を降らせて火事から人々を救ってくれる龍を龍神として崇められてて、雷門の提灯の下に龍があるんだったと思うよ。
The town of Asakusa is vulnearble to fire so dragon, calls rain, was worshipped as dragon god; that's why they put dragon at the bottom of the rantan.
かな 雷門の大提灯の右側には風神!
Fujin on the right side of the rantan!
もも 雷門の大提灯の左側には雷神!
強そうでかっこいいよね~~!!!
Thunder on the left side!
Looks strong and cool!
かな 裏側には「金龍」「天龍」の龍神像!
そういえば雷門の大提灯の裏側は風雷神門って正式の名称が書かれてるんだね。
Gold dragon and Heaven dragon statues!
By the way they write the formal name of the gate, Furaijinmon, on the back side of the rantan.
もも あ、本当だ!今まで意識したことがなかった。
やっぱり、この雷門を見ると浅草に来た!って感じがするよね。
雷門かっこいいし、修学旅行生や観光客にとっては記念に残るよね。
Wow, I didn't notice!
When I see this gate I feel I'm in Asakusa.
The gate is cool and this would be a memorial place for student/tourist.

浅草の雷門のまとめ!

浅草の雷門は、浅草駅からすぐの場所にあります。
浅草駅の出口は多く迷いやすいです。「雷門」と記載されている出口から出るのが確実です。
東京の観光といえば浅草の雷門なので、中学校・高校の修学旅行生や海外から、近隣の観光客が非常に多いです。
写真撮影する際は、他の方に邪魔にならないように撮影する必要があります。

雷門の正式名称は、風雷神門と言います。
大提灯は高さは3.9m、直径は3.3m、重さは約700kgあるそうです。
門の正面向かって右に「風神」、左に「雷神」があり、門の裏側には、向かって右に「金龍」、左に「天龍」の龍神像が祀られてます。

浅草の雷門の地図

カテゴリ

地域別
東京都お台場新宿原宿池袋浅草芝公園汐留
茨城県大子町
内容別
観光グルメ体験コンビニ

新着記事