お台場に砲台の跡発見!幕末時代にこんなことがあったなんて!

いまどきJK(イマドキJK)!JKがイマドキの流行りを発信するWEBマガジン
いまどきJK(イマドキJK)東京都お台場周辺 > お台場に砲台の跡発見!幕末時代にこんなことがあったなんて!

お台場に砲台の跡発見!幕末時代にこんなことがあったなんて!

作成日:2017年6月 1日
かな 見てみて!看板があるよ~
Look! There is a signboard.
もも 何が書いてるの?看板読んでみて!
What they say about? Try reading signs!
かな 1853年、ペリーで知られる黒船の来航に備えて江戸幕府が品川沖に築いた砲台跡地です。1926年には「品川台場」として国の史跡に指定されました。公園内は青々とした芝生が茂っており、レインボーブリッジを最も近くで見ることができる穴場スポット。春には桜の名所となります。お台場に遊びに来た際には、歴史に触れあえる「台場公園」へぜひ足を運んでみて下さい。
だって。
It was a gun battery built by Edo shogunate in 1853 off the shore of Shinagawa in preparation for the arrival of Black Ships known by Commodore Matthew Perry.
It was designated a national historic site as "Shinagawa Daiba" in 1926.
It is the closest place where you can see the Rainbow Bridge.
Grass is beautifully green in the park where is well-known for cherry blooms in spring.
When you come to "Odaiba", visit the historical site "Daiba Park".
もも ペリーって、幕末の時に開国を迫って日本に来た人だよね。
Matthew Perry is the historical figure who forced Japan to open its border in the end days of Tokugawa Shogunate.
かな そう!1853年6月に神奈川県の浦賀に来航し、1854年に再度来航した時に日米和親条約が結ばれたんだよ。
200余年にわたった鎖国は終わるんだよね。品川沖に来たって教科書に書かれてなかったから、ペリーは、この大砲を見なかったのかもね。
Yes! He arrived in Uraga, Kanagawa, in June 1853 and concluded the Convention of Kanagawa in 1854. The isolation policy that lasted about 200 years came to end. History textbook didn't say that Perry arrived in Shinagawa, so perhaps he didn't see these cannons.
もも 台場公園に行って砲台跡地を見てみようよ!
Let's go to Daiba Park and see the site of the battery!
もも 台場公園に到着!海岸沿いを少し歩いたね。
看板にあらましって書いてるから読んでみて!
We've arrived at Daiba Park! We walked a little along the coast.
Let's read the signboard!
かな 都立台場公園のあらまし 台場公園(第三台場)
「お台場」の名で知られる品川台場や、江戸幕府が黒船来襲にそなえて品川沖に築いた砲台跡です。設計者は伊豆韮山の代官・江川太郎左衛門英龍で、ペリーが浦賀に来航した翌月の嘉永6年(1853年)8月に着工、1年3ヵ月の間に6基が完成しました。現在は大正15年(1926年)に国の史跡に指定された第三、第六台場だけが残されています。このうち第三台場は、昭和3年東京市(都)によって整備され、台場公園として開放されています。周囲には、海面から5~7メートルの石垣積みの土手が築かれ、黒松が植えられています。また内側の平坦なくぼ地には、陣屋、弾薬庫跡などがあります。
って書かれてるよ。
It says Odaiba Daiba Park's Daiba Park (Third Daiba)
Shinagawa Daiba which is known as "Odaiba" and the rupture trace that the Edo shogunate built in off Shinagawa in preparation for the black ship attack. The designer was a substitute officer of Izu Bosuyama, Taro Egawa, and Yoro Egawa, started construction in August of 6th year of Yoshinaga (1853) the following month when Perry arrived in Uraga, six completed in 1 year and 3 months. Currently only the third and sixth Daiba which was designated as a national historic site in 1926 was left. Of these, the third Daiba has been maintained by Tokyo City (the capital) of Showa 3 and opened as a Daiba Park. In the surrounding area, a bank of stone walls with a depth of 5 to 7 meters from the sea surface is built and black pine is planted. In addition, there are jinya shop, ammunition storehouse trace etc. on the inner flat hollow place.
もも 歴史を感じるね。砲台はあっちかな~?
I feel a historical atmosphere. I guess there is a battery.
もも 結構、距離ありそうだね。あれ?右側に何かあるよ。
It seems to be far away, isn't it? Umm? There is something on the right.
かな さっきの看板に陣屋跡って書かれてたよ。
The signboard says it's an old site of Jinya, barracks.
もも 跡ってだけあって、本当に跡しかないんだね。近くで見たいけど遠いから今度にしよう!
There are only traces... I'd like to see it near but do it next time!
もも 砲台発見!!!
There's the battery!
もも 砲台って石なんだね。
wow, artilleries here are made by stone.
かな 江戸時代に作られたのが見られるってステキだよね。中に入れそうだよ
It's fantastic to see the things made in the Edo period. Can we go inside of it..?.
もも 人がすっぽり入る大きさだね。
砲台楽しかった!海岸に戻ってくつろごうよ!
The size of this space is big enough for a person to enter.
It was fun! Let's go back to the coast and relax!

カテゴリ

地域別
東京都お台場新宿原宿池袋浅草芝公園汐留
茨城県大子町
内容別
観光グルメ体験コンビニ

新着記事